DLC

NEO Cコーティング

​NEO C(DLC)装置

NEO Cコーティングは、㈱豊田中央研究所が開発したDLC-Siコーティング技術を弊社のプラズマ熱処理技術とプラズマCVD装置のノウハウにより実用化したものです。 DLC-Si皮膜は、従来のC-H系DLC膜中に珪素(Si)を含有させています。これにより、従来のC-H系DLCに無い優れたコーティング特性とトライボロジー特性を実現しています。
NEO Cコーティングは、鉄鋼製品の表面をプラズマ窒化した後、連続してDLC-Si皮膜をコーティングする複合処理が容易です。また、予め表面硬化を施してある製品にも、研磨仕上げすればDLC-Si皮膜をコーティングし複合処理することができます。超硬製品には、プラズマ窒化をせずにDLC-Si皮膜のみをコーティングします。

 

※NEO Cコーティングとは NEOは、ギリシャ語の「新しい」の意味から、英語では、「新・・・」,「近代の・・・」,「復活・・・」の意味で使われます。 従来DLCに比べ、新技術,新特性を持つ「新たな時代のDLC」との思いをこめてDLC-Si技術をNEO Cコーティングと命名しました

NEO Cコーティングの特長

特長1

(高密着性)従来の成膜法で得られるDLCと比べ、高い密着力を示します。

特長2

(低摩擦係数)無潤滑下、水中、油潤滑下で極めて低い摩擦係数を示します。

特長3

(耐凝着性)アルミニウム、ハンダなどの凝着防止に効果を発揮します。

特長4

(付きまわり性)小物部品の大量処理、大型・長尺部品あるいは複雑形状部品、そして部品の 内径内面への処理も可能です。

特長5

(複合処理)窒化との複合処理で、高面圧下での皮膜の耐久性を上げることができます。

特長6

特長7

(適用材質)鉄鋼材料、アルミニウム、超硬合金など電気伝導性のある材質に処理ができます。

(環境改善)NEO Cコーティングは、加工油の使用量削減やエネルギー使用量の節約を通して 地球環境の改善に貢献します。

NEO C適用例

DLCコーティングの主要な用途

1.ハードディスクの磁気面保護膜

2.湯水混合栓のセラミック弁

3.デジカメ,伸縮レンズ部Oリング

4.PETボトルのガス透過バリヤ膜

5.時計ケース,バンドの保護,装飾

6.磁気テープ走行面の保護

7.刃物(切削刃,裁断刃、カミソリ刃)

8.金型(カシメ,曲げ,抜き,成形、パンチ)

NEO Cコーティングの適用例

NEO C適用例2